開催概要  出展募集要項  出展応募フォーム  リンクについて  お問い合わせ

TOKYOハンドクラフトギターフェス2017

2017年 5月20日(土) / 5月21日(日) 東京都墨田区JR錦糸町駅前 すみだ産業会館 サンライズホール

ギター・ワークショップ

ワークショップ参加者募集中!!

2017年5月21日(日) 10:30〜12:00
JR錦糸町駅前 すみだ産業会館9F 第4会議室
(THGF2017会場の1フロア上階)

90分でボサ・ノヴァ奏法を身につけるワークショップ

TOKYOハンドクラフトギターフェス2017で新たにギター・ワークショップがスタートします!
今回のテーマは「ボサ・ノヴァ」。
日本を代表するボサ・ノヴァ ・ギタリスト中村善郎さんを講師にお迎えし、短い時間でボサ・ノヴァ奏法の楽しさを知り、また、その技術を身につけていただきます。
ギター初心者から上級者まで楽しめる内容となっていますので、ボサ・ノヴァに触れたことの無い皆さんも是非ご参加ください。

ギター・ワークショップ in THGF2017 開催概要

内容>

憧れはあるけれど、ちょっと敷居が高く思われがちなボサ・ノヴァのギター演奏。今回のワークショップは、そんな苦手意識のある方々にも気軽にボサ・ノヴァを楽しんでいただく内容をご用意しました。
題材は、これぞボサ・ノヴァという曲ではなく、誰もが知っているポピュラーな曲「涙そうそう」を課題曲として、ボサ・ノヴァ・ギターの第一人者である中村善郎さんが“ボサ・ノヴァ風”にオリジナル・アレンジした譜面を基に、参加者皆さんでボサ・ノヴァ演奏を楽しんでいただくものです。
ボサ・ノヴァは難しそう、と今まで尻込みしていた貴方、これを機会に是非チャレンジしてみませんか!

課題曲>

涙そうそう
★楽譜や資料を当日お渡しします。
★アコースティック・ギター・マガジンVol.72(4/27発売)でも
  楽譜や解説が掲載される予定です。

♪課題曲参考動画♪

★ワークショップでお教えするアレンジで演奏した動画を作成中です。
  完成次第アップしますので、そちらもご参考としてください。

参加資格>

初心者から上級者まで、ギターを演奏される方ならどなたでもOKです!
★当日はご自分のギターをご持参ください。

開催日時>

2017年5月21日(日)10:30~12:00(受付10:15~)
★開始時間が若干変更となる場合がございます。

会場>

JR錦糸町駅前 すみだ産業会館9F 第4会議室(THGF2017会場の1フロア上階)

講師>

中村善郎

募集人数>

最大30名

参加費>

事前申し込み制:¥3,700(税込/お一人様)
★THGF2017 5/21付の入場券付き
(開催当日お申し込みの場合は¥4,000となります)

申込方法>

下記より申し込みページにアクセスし、応募フォームに必要事項をご記入の上、送信してください。
折り返し事務局よりメールにて入金方法等のご連絡を差し上げます。
★返信まで若干お時間をいただく場合がございます。

応募フォームはこちら

募集締切>

定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

キャンセルについて>

やむを得ずキャンセルされる場合は、ワークショップ開催4日前までにご連絡ください。

講師プロフィール>

中村善郎

中村善郎
'77~'79年ブラジル及び南米諸国遊学中にサンパウロのバールでボサ・ノヴァ・ギターと出会う。同時にポルトガル語によるオリジナル曲も作り始める。帰国後本格的なボサノヴァの草分け的存在として活動。

'90年デビューCD「リテラリオ」(日本コロムビア)をリリース。その後これまでリオ、NY.フランス録音などを含め20作のリーダー・アルバムのほか、FM・TV放送、コマーシャル、映画音楽など多岐に亘る分野で活躍。ボサ・ノヴァを基調としながら洋・邦楽、様々なジャンルのアーティストと交流、楽曲提供も多数。

ディズニーソングをアレンジして話題を呼んだアルバム「ボッサ・ディズニー」など、プロデューサーとしても活動。その他ライター、ナレーターとしても。アコースティック・ギター・マガジンで連載中の「形で覚えるボサ・ノヴァ ギター」は50回以上を数える。

ピエール・バルー、リシャール・ガリアーノ、リチャード・ボナ、ミウシャ、ワンダ・サーなどのアーティストと数多く共演、ピエール・バルーが「出会い」という曲の歌詞中で「中村はジョアン・ジルベルトを彷彿させた…」と歌って以来、日本のジョアン・ジルベルトと呼ばれる事も多い。最新CDは昨年6月リリース「duo/橋本一子+中村善郎」(JumpWorld)

Wikipedia

ページトップへ