開催概要  出展募集要項  出展応募フォーム  会場  リンクについて  お問い合わせ 

TOKYOハンドクラフトギターフェス2018 公式サイト 2018年 5月19日(土)- 20日(日)
スペシャルライブ

スケジュール

5月19日 (土)
11:15〜11:45
THGF2018 Presents
きりばやしひろき
指1本しばりギター by Qactus
12:10〜12:45
THGF2018 & Yokohama Gengakki Presents
のぐち
弾き語り
13:10〜13:45
Acoustic Guitar World Presents
Sönke Meinen & okapi
フィンガースタイルギター
14:10〜15:00
Rolling Coconuts Presents
T.T.Cafe
(中村たかし&かねだたつこ)
ウクレレ・デユオ
15:25〜16:00
THGF2017 Presents
Karen
ボサノヴァ弾き語り
16:25〜17:00
THGF2018 & Yokohama Gengakki Presents
浅利史花
ジャズギター
17:25〜18:00
THGF2018 Presents
関根彰良&藤野めぐみ
ジャズギター&ボーカル
  • 敬称略
  • ライヴスケジュールは予告なく変更・中止となることがあります。
  • イベント会場に荷物を置くなどして長時間占有するような行為は他のお客様の迷惑になりますのでお止め下さい。
5月20日 (日)
10:15〜10:45
Pellerin Guitars Presents
矢後憲太
フィンガースタイルギター
11:05〜11:35
Ukulele Guild of Hawaii Presents
Kimo Hussey
ウクレレ
12:00〜12:35
Sugita Kenji Presents
伍々慧
フィンガースタイルギター
13:00〜13:35
Yokoyama Guitars Presents
佐久間元樹/王 晔慜 Wang Yemin
フィンガースタイルギター
14:00〜14:35
THGF2018 & Yokohama Gengakki Presents
市川周
弾き語り
15:00〜15:35
Sumi Kobo Presents
岡崎倫典
フィンガースタイルギター
16:00〜16:35
THGF2018 Presents
いちむらまさき
みんなでウクレレ合奏
17:05〜17:50
Rolling Coconuts Presents
キヨシ小林&ウクレレ・オーケストラ・
オブ・ジャパン
ウクレレ・オーケストラ
20日の「いちむらまさき みんなでウクレレ合奏」でいちむらさんと一緒に演奏したい方は
ウクレレ他、ご自分の楽器をお持ち下さい。
当日演奏する「クレイジーG」の楽譜は下記WEBサイトをご参照ください。
詳しくはこちら

アーティスト・プロフィール
(出演順)

19日(土)

きりばやしひろき Hiroki Kiribayashi

'94年『叫ぶ詩人の会』でメジャーデビュー。ドラム、ギター、キーボード、作曲/編曲などを担当し、また一方でラジオパーソナリティや文筆等でも活動。著書多数。'03年より主宰として継続的に行っている“楽器挫折者救済合宿”は現在記録的な回数を誇り、合宿の様子はテレビや新聞、雑誌その他、多くのメディアで紹介され続けている。そして'17年、ギター挫折者をゼロにする発明メソッド「Qactus-カクタス」を発表。社会の楽器演奏者人口を増やすことを目的として様々な活動に日々取り組んでいる。

Official HP


のぐち Noguchi

高校3年生の9月からライブ活動を開始。翌年7月に「のぐちバンド」を結成。バンドで活動も開始する。高校卒業後に就職するも、音楽で生きていくため一年ほどで退職し、本格的な活動をスタートさせる。
主なライブ遍歴>'15年9月 御茶ノ水zippal hall(初ライブ)/'16年10月 四谷天窓(初企画ライブ)/'17年2月 渋谷TAKEOFF7(レコ発自主企画ライブ)/7月 渋谷Milkyway(レコ発自主企画ライブ)/8月 渋谷スターラウンジ(レコ発のぐち×のぐちバンド2マンライブ)/'18年1月 四谷天窓(自主企画ライブ)/'18年2月 横浜O-SITE(レコ発ワンマンライブ)

Official HP


Sönke Meinen & okapi


Sönke Meinen

'91年ドイツ生まれ。ドレスデンの音楽学校で学び、Thomas Fellow、Stephan Bormann、Reentko Dirksらと共演。卒業後もギタリストのPhilipp Wiechertら、多くのアーティストと共演する。'16年には“Guitar Masters”international guitar competitionsで優勝、European Guitar Awardでも賞を獲得。また、ギタリストとしての活動に加えて、'11年からInternational Freepsum Guitar Festivalを毎年開催している。ジャズ、クラシック、ワールドミュージックを融合した演奏スタイルは世界的評価も高く、巨匠トミー・エマニュエルは「現代で最もクリエイティブなギタリストの一人」と称している。

Official HP

okapi

'84年神奈川県生まれ。17才からエレキギターを始め、21才の時にアコースティックギターに転向。'06年楽器店主催のオーディションでベストギタリスト賞を受賞する。'09年にピアニスト上村叶恵とhamalspica(ハマルスピカ)を結成。'12年に3曲入りデビューCD「Sakigake」、'13年フルアルバム「after the dusk」、'14年ハマルスピカの1stアルバム「風車〜kaza-guruma〜」、15年2ndシングル「trichromatic」をリリース。'16年には初のヨーロッパ公演をポーランドで行なう。現在は東京を中心に、中国・台湾・韓国・マレーシアなど、アジア全域でコンサートやワークショップなどで活動中。

Official HP


T.T.Cafe (中村たかし&かねだたつこ)

http://www.ttcafe.net/



かねだたつこ Tatsuko Kaneda

ヴォーカリスト、ウクレレ&バンジョープレーヤー。女性では珍しいプレクトラム・バンジョー奏者で、自己の女性だけのデキシーランド・ジャズバンド「デキシー・プリンセス」では、国内のみならず海外のジャズ・フェスティバルにも出演している。現在までにボサノバCD2枚、ウクレレCD4枚を発売。楽譜著書は「ウクレレ・ジャカソロVol.1〜3」などがある。中村たかしとのジャズ・ウクレレデュオ「T.T.Cafe」でも精力的に活動中。

Official HP

中村たかし Takashi Nakamura

アロージャズオーケストラ・ギタリスト。ジャズ・ウクレレ奏者。日野皓正、北村英治、前田憲男、マルタ、小曽根真、阿川泰子、寺井尚子、押尾コータロー、ゴンチチなど多数共演。かねだたつことのジャズ・ウクレレデュオ「T.T.Cafe」ではハワイにて招待演奏をする。CDは現在までにボサノヴァやウクレレなど8枚をリリース。楽譜出版は教則本やアコーステック・ギター曲集、ウクレレ曲集「悲しすぎて気持ちいいウクレレ・ソロ」など22冊を出版。大阪芸術大学演奏学科教授という顔も持つ。

Official HP


Karen

湘南エリアで育ち、海に似合う音楽を志す。'01年ボサノヴァの世界に感銘を受け、ボサノヴァ・ギター&ボーカルへ転向。'03年アルバム「Bossa do mar」でメジャーデビュー。2ndアルバム「Aruanda」では、ボサノヴァ創成期メンバーの一人である大御所カルロス・リラとのデュエットを収録し話題に。また、昨年11月には3枚目のアルバム「Lugar Comum」をリリースした。現在は関東を中心に精力的なLive活動をしており、ふんわりとした海のそよ風のような情緒あるボサノヴァ、天性のソフトボイスは聴く人の心を癒している。

Official HP


浅利史花 Fumika Asari

'93年生まれ、福島県出身。幼少期よりクラシックピアノを学ぶが、兄弟の影響でギターに興味を持ち、高校在学時より部活動でジャズギターを始める。その頃から福島市内にあるライブハウス『MINGUS』に通いジャズを本格的に聞くようになり、グラント・グリーンやケニー・バレルなどに大きな影響を受ける。'12年、大学進学に伴い上京。日本を代表するジャズギタリスト岡安芳明氏、潮先郁男氏に師事。ジャズギターの王道を行くスインギーなスタイルで、モダンジャズを中心に様々なジャズミュージシャンと都内のライブハウスで活動中。

Official Blog


関根彰良&藤野めぐみ


関根彰良 Akira Sekine

'78年生まれ。東京大学入学後ジャズに出会い、ジャズ研究会に所属しながらプロ活動を開始する。'09年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。これまでの共演者は、前田憲男(p)、大口純一郎(p)、池田芳夫(b)、納浩一(b)、向井滋春(tb)、竹内直(ts)、村上ポンタ秀一(ds)他多数。'11年に1stアルバム"FUZZ JAZZ"をリリース。'12年スペイン滞在を経て、'13年にアルバム"SOLITARY PHASE"、'15年に"WET & DRY"を発表した。

Official HP



藤野めぐみ Megumi Fujino

'07年にスタンダードナンバーに斬新なアレンジを加えたミニアルバム『TANE たね』を、そして'15年にはフルアルバム『Night Pieces』をリリース。生楽器と打込みによるサウンドの融合により独特な空間を創り上げ、既成概念に囚われない新しいジャズの形を表現。最近のライブでは独特な癒しの雰囲気を持つ弾語りのスタイルも取り入れている。また、音楽スクールで後進の指導にあたる傍ら、 チャリティーライブなどアウトリーチ活動にも力を入れている。

Official HP

20日(日)

矢後憲太 Kenta Yago

フィンガースタイルギタリスト。多彩な奏法を駆使し、様々な情景、感情、物語などをギター1本でありありと表現する。色彩感溢れるその豊かな音色は、聴く者を色とりどりの世界へと誘う。全国フィンガーピッキングコンテストでは多数の賞を受賞。全国でライブ・コンサート活動を行う。

Official HP


Kimo Hussey

ハワイ生まれ。南カリフォルニアのOccidental Collegeを卒業後、音楽教育に携わりたいとハワイに戻るが、ハワイ航空警備隊に入隊。2000年1月に退役し、念願の音楽活動を再開。ソロCD 「Eminent Ukulele」をリリースする他、幾つかのウクレレCDにも参加している。ハワイの歌集「He Mele Aloha」の著者。また、Sounding Joy Music社(臨床音楽療法専門の非営利団体)の委員長を務めた後、Pacific Music財団を創立している。現在もミュージシャン、インストラクターとして、世界中のウクレレフェスティバルやワークショップで活躍している。

Official YouTube


伍々慧 Satoshi Gogo

アコースティック・ギタリストの登竜門“フィンガーピッキング・コンテスト”において、最優秀賞含む史上最年少最多受賞記録を樹立し、16歳でプロデビュー。以降ソロ活動に加え、様々なジャンルの著名ミュージシャンとの共演、CM、TV等で楽曲制作・演奏を手がける。全世界規模の作曲家のコンペティション“International Songwriting Competition”では'13年、'15年にInstrumentalカテゴリのセミファイナリストに選出。北米、欧州、東アジア、オセアニア等、海外での演奏活動も展開。そのパフォーマンスと自身の音楽は、世界各地で絶賛されている。

Official HP


佐久間元樹 Motoki Sakuma

テクニックを駆使した迫力のある演奏から、和を感じさせるあたたかいバラードや、カバー曲のアレンジ等幅広くギター一本で表現している。島村楽器主催のライブコンテストでは、バンドや弾き語りに負けないほどのパフォーマンスが評価され、これまでにベストギタリスト賞、ベストプレイ賞、オーディエンス賞を受賞している。千葉、錦糸町を中心にライブハウス、カフェ等で演奏しており、最近では様々なアーティストのコラボやサポートなど、幅広く活動している。

Official HP


王 晔慜 Wang Yemin

中国上海出身、京都在住のギタリスト。'16年に「モーリス・フィンガーピッキングコンテスト」に参加して、関西予選最優秀賞、全国本選楽曲賞を受賞。豊かなメロディーがある音楽を通してストーリーや世界観をギター1本で伝えている。今年ファーストアルバム「彼岸・三生」を発表。京都と上海を中心に音楽活動を続けている。

Official HP


市川周 Shu Ichikawa

中学の時、イジメにあい精神的に耐えきれなくなり入院。中学卒業と同時に退院し、これから強く生きていく為に何かのきっかけになればと母親が応募した「第1回全国新人発掘LINEオーディション」で12万5千組の中からファイナリスト8組に選ばれる。それをきっかけにテレビ東京「カラオケバトル」に出演、クリス・ハート本人が大絶賛した『I LOVE YOU』を歌い、「感動して涙が止まらない‼︎」など全国からコメントが殺到。「自分が歌で救われたように、もしかしたら自分の歌で人を救えるんじゃないか?」との想いから音楽活動を開始。'18年3月1stミニアルバム「君との記憶」をリリースした。

Official Twitter


岡崎倫典 Rynten Okazaki

立教大学在学中21歳でプロギタリストとしてスタート。卒業後は、杉田二郎、鈴木康博、加山雄三、谷山浩子、尾崎豊、松田聖子、ふきのとう、沢田聖子、玉置浩二など数々のアーティストのステージやスタジオに参加。'90年初のソロアルバム『Bayside Resort』発表以降、'10年までに13枚をリリース。TV音楽プロデュースやCF作曲演奏、全国を回るライヴ、ラジオ番組「岡崎倫典のAcoustic Wind」のパーソナリティなど活躍の場は広い。THGFへの出演は今回で三度目となる。

Official HP


いちむらまさき Masaki Ichimura

岐阜出身のギタリスト&ウクレリスト&教本ライター。『ウクレレ上達100の裏ワザ』『ウクレレ・ラブソング』『100個のフレーズを弾くだけで飛躍的にギターが上達する本』など発表しつつ、調布と橋本でウクレレ教室を開催。楽器の改造マニアとしても知られ、今年も合体型ウクレレ・ギターを持参するかも!?恒例の会場の皆さんとの「みんなでウクレレ合奏」、今回は少し難しい曲「クレイジーG」にチャレンジしていただきます!

Official HP 課題曲参考譜面



キヨシ小林 Kiyoshi Kobayashi

日本を代表するウクレレマイスター。独自の発想と心で奏でる音色はジャンルを超えて多くの人々に広く愛されている。作曲家、教則本の執筆、ウクレレ講師としての顔も持ち、多方面に渡って活動中。「ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン」のプロデューサー&コンダクターとしても有名。ジャンルを超えた、音楽の目には見えない「やさしさと情熱」を目指している。

Official HP

ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン
Ukulele Orchestra Of Japan

アーティストとしてウクレレ講師として広く知られるキヨシ小林主宰によるウクレレだけのオーケストラ。今や日本を代表するほどに成長し、様々なイベントで演奏活動中。演奏曲はウクレレだけのアンサンブルを中心に、ジャズやポピュラーから、ハワイアンなどレパートリーの多さはウクレレの幅を超えている。アルバム「ウクレレジブリの森」に2曲参加。THGFスペシャルライヴの“トリ”はもはや定番。

Official HP

ページトップへ