開催概要  出展募集要項  会場  リンクについて  お問い合わせ

TOKYOハンドクラフトギターフェス2017

2017年 5月20日(土) / 5月21日(日) 東京都墨田区JR錦糸町駅前 すみだ産業会館 サンライズホール

Special Live

スケジュール

5月20日 (土)
11:00〜11:30
Acoustic Guitar Book Presents
堀尾和孝
アコギロック
11:50〜12:20
THGF2017 Presents
Karen
ボサノバ弾き語り
12:45〜13:15
THGF2017 Presents
関根彰良&藤野めぐみ
アコースティックジャズ
13:40〜14:20
Rolling Coconuts Presents
T.T.Cafe
(中村たかし&かねだたつこ)
ウクレレ・デユオ
14:45〜15:15
THGF2017 Presents
いちむらまさき
ウクレレ&ギター・コード・セミナー
15:40〜16:10
Seilen Presents
ukurena&JazzoomCafe
ウクレレ
16:35〜17:05
Furch Gutars Presents
山木将平
フィンガースタイルギター
17:30〜18:00
Sumi Kobo Presents
アコギGROOVE
(石井完治&静沢真紀)
アコギブルース
5月21日 (日)
10:00〜11:30
THGF2017 Audition "Grand Prix Winners"
五十嵐晴美〜かずま〜鈴木智貴
シンガーソングライター/
フィンガースタイルギター/ウクレレ
12:00〜12:30
Sugita Kenji Presents
伍々慧
フィンガースタイルギター
13:00〜13:30
Acoustic Guitar Magazine Presents
中村善郎
ボサノヴァギター
14:00〜14:30
THGF2017 Presents
法田勇虫トリオ
ジプシーギター
15:00〜15:30
Solo Guitar Records Presents
南澤大介
ソロギター
16:00〜16:30
Voyager Guitars Presents
城田純二&内藤希花
ギター&フィドル/アイルランド音楽
17:00〜17:45
Rolling Coconuts Presents
キヨシ小林&ウクレレ・オーケストラ・
オブ・ジャパン
ウクレレ・オーケストラ
  • 敬称略
  • ライヴスケジュールは予告なく変更・中止となることがあります。
  • イベント会場に荷物を置くなどして長時間占有するような行為は他のお客様の迷惑になりますのでお止め下さい。

アーティスト・プロフィール
(出演順)

20日(土)

堀尾和孝 Kazutaka Horio

圧倒的かつ楽しいパフォーマンスが大好評のソロライブ「アコギ一本勝負!」が、'11年には年間300ステージを超えたスーパーアコギエンターテイナー。大杉漣や川中美幸のサポート・ギタリストとしても数々のライブに参加。デビッドボウイ、柳ジョージを始め、国内外アーティストのプロデュース、作編曲、レコーディング、ステージサポートも多数手がける。'15年「Journey アコギ一本勝負」発売。'16年1月には「DayBreak暁」「SAILING...南へ」の二枚がUltimateHiQualityCDにてリマスター発売された。東邦音楽大学付属音楽学校ギター講師の顔も持つ。

Official HP


Karen

湘南エリアで育ち、海に似合う音楽を志す。'01年ボサノヴァの世界に感銘を受け、ボサノヴァ・ギター&ボーカルへ転向。'03年アルバム「Bossa do mar」でメジャーデビュー。2ndアルバム「Aruanda」では、ボサノヴァ創成期メンバーの一人である大御所カルロス・リラとのデュエットを収録し話題に。また、昨年11月には3枚目のアルバム「Lugar Comum」をリリースした。現在は関東を中心に精力的なLive活動をしており、ふんわりとした海のそよ風のような情緒あるボサノヴァ、天性のソフトボイスは聴く人の心を癒している。

Official HP


関根彰良&藤野めぐみ



関根彰良 Akira Sekine

'78年生まれ。東京大学入学後ジャズに出会い、ジャズ研究会に所属しながらプロ活動を開始する。'09年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。これまでの共演者は、前田憲男(p)、大口純一郎(p)、池田芳夫(b)、納浩一(b)、向井滋春(tb)、竹内直(ts)、村上ポンタ秀一(ds)他多数。'11年に1stアルバム"FUZZ JAZZ"をリリース。'12年スペイン滞在を経て、昨年2ndアルバム"SOLITARY PHASE"を発表した。

Official HP

藤野めぐみ Megumi Fujino

'07年にスタンダードナンバーに斬新なアレンジを加えたミニアルバム『TANE たね』をリリース。生楽器と打込みによるサウンドの融合により独特な空間を創り上げ、既成概念に囚われない新しいジャズの形を表現。最近のライブでは独特な癒しの雰囲気を持つ弾語りのスタイルも取り入れている。また、音楽スクールで後進の指導にあたる傍ら、 チャリティーライブなどアウトリーチ活動にも力を入れている。

Official HP


T.T.Cafe (中村たかし&かねだたつこ)

http://www.ttcafe.net/



かねだたつこ Tatsuko Kaneda

ヴォーカリスト&ギター&ウクレレ&バンジョープレーヤー。女性では珍しいプレクトラムバンジョー奏者で米国の「シアトル・バンジョーフェスティバル」、オランダの「ブレダ・ジャズフェスティバル」など海外の出演経験もある。現在までにボサノバCD2枚、ウクレレCD4枚を発売。2015年にウクレレ曲集「ウクレレ・ジャカソロ」2016年に「ウクレレ・ジャカソロ2」が出版された。中村たかしとのジャズ・ウクレレデュオ「T.T.Cafe」でも精力的に活動中。

Official HP

中村たかし Takashi Nakamura

アロージャズオーケストラ・ギタリスト。ジャズ・ウクレレ奏者。日野皓正、北村英治、前田憲男、マルタ、小曽根真、阿川泰子、寺井尚子、押尾コータロー、ゴンチチなど多数共演。かねだたつことのジャズ・ウクレレデュオ「T.T.Cafe」ではハワイにて招待演奏をする。CDは現在までにボサノヴァやウクレレなど8枚をリリース。楽譜出版は教則本やアコーステック・ギター曲集、ウクレレ曲集「悲しすぎて気持ちいいウクレレ・ソロ」など20冊を出版。大阪芸術大学演奏学科教授という顔も持つ。

Official HP


いちむらまさき Masaki Ichimura

岐阜出身のギタリスト&ウクレリスト&教本ライター。『ウクレレ上達100の裏ワザ』『ウクレレ・ラブソング』『100個のフレーズを弾くだけで飛躍的にギターが上達する本』など発表しつつ、調布と橋本でウクレレ教室を開催。楽器の改造マニアとしても知られ、今年も合体型ウクレレ・ギターを持参!?今回は「コード・セミナー」として、ウクレレにもギターにも使える裏技を伝授してくれます!

Official HP


ukurena & JazzcomCafe

ukurena

8歳でウクレレをはじめ、ウクレレ世界チャンピオンのJazzoomCafe氏の主催するハピレレ音楽教室横浜本校に入校し、プロ養成コースに選抜される。'15年に名古屋ウクレレパフォーマンスコンテストでMVP受賞。国内最大のウクレレイベント「ウクレレピクニック横浜赤レンガ」のメインステージに出演。2016年2月にはハワイ・オアフ島で開催されたハワイ国際ウクレレコンテストで13歳以下の部で見事優勝を果たす。普段はキッズモデルでもあるバイリンガル。現在11歳のウクレレ界期待の大型新人。

Official HP

JazzcomCafe

元・総合格闘家の超絶ウクレレプレイヤー。この世のモノとは思えない高速な演奏で'11年「ハワイ国際ウクレレ コンテスト」で日本人初のMVP受賞。その後、ニューヨーク、韓国、台湾、タイ、サイパン、ハワイ、香港、上海のウクレレフェスティバルにゲスト出演。'14年にはウォルト・ディズニーのCDアルバムにも参加。FMSalus84.1Mhzでウクレレ専門ラジオ番組のパーソナリティもつとめる。横浜市鶴見区で、ウクレレ教室「ハピレレ音楽教室」を開校。'16年に3枚目のフル・アルバム「WhiteUkulele」を発表。

Official HP


山木将平 Shohei Yamaki

「SAPPORO CITY JAZZ 2010」パークジャズライブ・コンテスト優勝。'11年、'12年と続けてトロント国際ジャズフェスティバルに出演。他にも、ジャカルタJava Jazz Festival、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012、ミラノ国際博覧会日本館での演奏等、国内外のフェスにも多数出演している。これまでにリリースした7枚のCDも高い評価を得ている。また、演奏活動に加えて北海道のPR活動にも力を入れており、TVやラジオで多数楽曲が使用されている。現在は札幌を拠点に国内外で活動中。

Official HP


アコギGroove





石井完治 Kanji Ishii

ブラックミュージックをルーツとしたファンキーなカッティングと繊細な感性からなる極上のサウンドメイキングで数多くのアーティストツアー、レコーディングに参加。'95年頃から再びアコースティック志向を強めフラメンコ、スラップ等のテクニカルなリズムを盛り込んだ自由でアグレッシブなプレイと軽妙なトークで幅広いファン層を獲得し、年間150本以上のライブ活動も精力的にこなしている。静沢真紀とのギターDUOユニット<アコギGroove>として、'11年に 1stアルバム「グッドフェローズ」、 '15年に2ndアルバム「アミーゴ」をリリースしている。

Official HP

静沢真紀 Maki Shizusawa

11才から独学でギターを弾き始める。京都を拠点としてバンド活動を続けるうち、ブルースに目覚め塩次伸二氏に師事。'97年から女性ブルースユニット<STORMY>のギタリストとしてアルバム発表、音楽番組『ROOTS』を始めTV出演も多数。現在は、<FRIDGE>、<ゴトウユウゾウSHOW>等のバンド活動を行うだけでなく、石井完治とのアコギDUO<アコギGroove>やギター講師としての活動、そしてカメリヤマキの芸名で『JAPAN BLUES CARNIVAL』の司会アシスタント等で幅広く活躍している。


21日(日)

五十嵐晴美 Harumi Igarashi

ギター弾き語りで都内を中心にライブハウス・ストリートライブで活動中のシンガーソングライター。'15年に1stミニアルバム「vs.孤独」をリリースした後、昨年には2ndミニアルバム「赤」を発表。そして、今年4月、待望のフルアルバムをAcoustic Full Albumとしてリリースが決まっている。それに伴い、レコ発ワンマンライブとして4月22日(土)に6回目のワンマンライブを江古田マーキーで開催。人々の心に届く力強い歌声で、想いを届け続けている。

Official HP


かずま kazuma

'90年横浜生まれ。'08年に「フィンガーピッキングコンテスト」でその年の最年少で入賞を果たす。その後、シンガーソングライターとして都内だけでなく全国でライブを展開。憂歌団の木村充揮氏や内田勘太郎氏のオープニングアクト、セッションライブをしたりと勢力的に活動中。天性のメロディーセンスに加え、透き通った伸びのある声と、確実なギタースキルには定評があり、またギタリストとしても多くのアーティストのサポートをする等、その活動は多岐に渡る。昨年には約5年ぶりにアルバム「ココから」をリリースした。

Official HP


鈴木智貴 Tomoki Suzuki

奈良県出身ウクレレプレイヤー。'13年にウクレレと出会い、わずか2年半で第8回 ジ・ウクレレコンテストにて大賞を受賞(日本1位)。翌年の'16年2月に行われたウクレレの国際大会"International Ukulele Contest"にて世界3位獲得、続く"Ribbee's World Ukulele Championship 2016"では世界1位に選ばれる。ウクレレ一本から繰り出される音色は優しく、時に激しく情景を映し出す。関西を中心に全国、世界で活躍している若手ウクレレプレイヤー。

Official HP


伍々慧 Satoshi Gogo

ギタリスト・コンポーザー。モーリス・フィンガーピッキング・コンテスト2004において、最優秀賞含む史上最年少最多受賞記録を樹立。16歳でプロデビュー。以降ソロ活動に加え、様々なジャンルの著名ミュージシャンとの共演、CM、TV等で楽曲制作・演奏を手がける。全世界規模の作曲家のコンペティション"International Songwriting Competition 2013"でInstrumentalカテゴリのセミファイナリストに選出。近年は北米、欧州、東アジア、オセアニア等そのパフォーマンスと自身の音楽は世界各地で絶賛されている。

Official HP


中村善郎 Yoshiro Nakamura

'77~'79年ブラジル及び南米諸国遊学中にボサノヴァ・ギターと出会い、帰国後本格的なボサノヴァの草分け的存在として活動。90年デビューCD「リテラリオ」(日本コロムビア)をリリース。その後これまで20作のリーダー・アルバムのほか、TV放送、CM、映画音楽など多岐に亘る分野で活躍。ボサノヴァを基調としながら洋・邦楽、様々なジャンルのアーティストと交流、楽曲提供も多数。海外ミュージシャンとも数多く共演し、ピエール・バルーが「出会い」という曲の歌詞中で「中村はジョアン・ジルベルトを彷彿させた…」と歌って以来、日本のジョアン・ジルベルトと呼ばれる事も多い。

Wikipedia


法田勇虫 Isamu Houda

浜田省吾、鈴木雅之、徳永英明など多くの国内アーティストのレコーディング、ステージをこなす。また、DANN HUFF、Billy Sheehan、Mike Portnoy等、多数の海外ミュージシャンとのステージ・セッションを行う。E.G.Q.での活動を経て、ヨーロッパ各地、マルタ島ジャズフェスティバル、クワラルンプールでのインターナショナルギターフェスティバルに出演。現在、スタジオワークやセッション、ライヴ活動を精力的に行い、ロック・スタイルでのテクニカルかつエネルギッシュなプレイや、ジャズに於けるブルージーなメロディックセンスに定評がある。

Official HP


南澤大介 Daisuke Minamizawa

1966年生まれのギタリスト、作・編曲家。高校時代にギターの弾き語りをはじめ、のちソロ・ギター・スタイルの音楽に傾倒。TVドラマ「愛という名のもとに('92年)」サウンドトラック(作曲:日向敏文)への参加が、プロ・ギタリストとしてのデビュー。ギター1本でロックやポップスの名曲を演奏したCD付き楽譜集「ソロ・ギターのしらべ」シリーズ(リットー・ミュージック刊)が累計40万部を突破('10年現在)し、楽譜としては異例のベストセラーを続けている。

Official HP


城田純二 & 内藤希花





城田純二 Junji Shirota

ギター、バンジョー・プレイヤー。'71年、高石ともやとの出会いから、伝説のバンド“ザ・ナターシャー・セブン”を結成。5弦バンジョーの日本での先駆者として、全国に名が知れ渡る。'86年渡米。'91年から本格的にアイリッシュミュージックを始め、“ティプシー・ハウス”や“ジョディース・ヘブン”のギタリストとして活躍。全米にその名を轟かせ、ジョディース・ヘブンに「すべてのアイルランド音楽のギタリストは、彼のギターを聴くべきである」と評された。現在も日本やアイルランドで、数少ないアイリッシュのトップギタリストとして活躍する。

Official HP

内藤希花 Mareka Naito

フィドル、アイリッシュハープ、コンサーティーナ・プレイヤー。3歳よりピアノ、6歳よりバイオリンを始め、小、中、高校時代には各種コンクールで入賞。'07年にアイリッシュミュージックに出会い、フィドルを始める。'08年横浜市立大学医学部医学科に進学。以降毎年夏はアイルランドに渡り、フィドルを学ぶ。'10年アイルランド最大の音楽フェス「Fleadh Cheoil(フラー・キョール)」のフィドル部門コンペティションに日本人として初めて参加。'14年医師免許を取得。アイルランドと日本での本格的な音楽活動を開始した。

Official HP


キヨシ小林 Kiyoshi Kobayashi

日本を代表するウクレレマイスター。独自の発想と心で奏でる音色はジャンルを超えて多くの人々に広く愛されている。作曲家、教則本の執筆、ウクレレ講師としての顔も持ち、多方面に渡って活動中。「ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン」のプロデューサー&コンダクターとしても有名。ジャンルを超えた、音楽の目には見えない「やさしさと情熱」を目指している。

Official HP

ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン
Ukulele Orchestra Of Japan

アーティストとしてウクレレ講師として広く知られるキヨシ小林主宰によるウクレレだけのオーケストラ。今や日本を代表するほどに成長し、様々なイベントで演奏活動中。演奏曲はウクレレだけのアンサンブルを中心に、ジャズやポピュラーから、ハワイアンなどレパートリーの多さはウクレレの幅を超えている。アルバム「ウクレレジブリの森」に2曲参加。今回もTHGFスペシャルライヴの“トリ”を務める。

Official HP

ページトップへ