首都圏で唯一のハンドクラフトギター&ウクレレを中心とした弦楽器・関連パ−ツの祭典!!
開催概要  出展募集要項  出展応募フォーム
2019年 5月18日(土) - 19日(日)
会場  リンクについて  お問い合わせ
すみだ産業会館サンライズホール
東京都墨田区JR錦糸町駅前
TOKYOハンドクラフトギターフェス2019 〜おかげさまで15周年〜
THGF2019 Special Live 目の前でプロのテクニックを体感!!

スケジュール

5月18日 (土)
11:10〜11:35
Studio-mu20 Presents
須賀睦夫
リュート
11:55〜12:25
THGF2019 & Cattle Guitar Presents
天野花
弾き語り
12:45〜13:15
S.I.E. Presents
西山隆行
フィンガースタイル
13:35〜14:05
WIZARD LEATHER Presents
黄金の手
弾き語り
14:30〜15:10
Rolling Coconuts Presents
T.T.Cafe/中村たかし&かねだたつこ
ウクレレ・デユオ
15:35〜16:05
THGF2019 Presents
松本勝大
弾き語り
16:30〜17:00
THGF2019 & Yokohama Gengakki Presents
浅利史花 & 若林萌
ジャズギターデュオ
17:25〜18:00
Sumi Kobo Presents
岡崎倫典
フィンガースタイル
  • 敬称略
  • ライヴスケジュールは予告なく変更・中止となることがあります。
  • イベント会場に荷物を置くなどして長時間占有するような行為は他のお客様の迷惑になりますのでお止め下さい。
5月19日 (日)
10:10〜10:40
Ukulele Guild of Hawaii Presents
Kimo Hussey
ウクレレ
11:05〜11:30
Keystone Stringed Instruments & S.I.E. Presents
奏帆
フィンガースタイル
11:30〜11:55
Acoustic Guitar World Presents
橋村姫 & 奏帆
弾き語り
12:20〜12:50
Water Road Guitars & M-factory & S.I.E. Presents
岸部眞明
フィンガースタイル
13:15〜13:50
THGF2019 Presents
Karen & 露木達也
ボサノヴァ
14:15〜14:50
THGF2019 Presents
いちむらまさき
みんなでリズム練習
15:15〜15:50
THGF2019 Presents
関根彰良&佐津間純 with 藤野めぐみ
ジャズギター&ボーカル
16:15〜16:50
THGF2019 Presents
名渡山遼
ウクレレ
17:20〜18:00
Rolling Coconuts Presents
キヨシ小林&ウクレレ・オーケストラ・
オブ・ジャパン
ウクレレ・オーケストラ

アーティスト・プロフィール
(出演順)

18日(土)

須賀睦夫 Mutsuo Suga

'1997年、現代に弾き継がれている中世ヨーロッパのリュート音楽を本来の楽器で演奏したいという思いから活動を開始。現在、リュートの企画・設計・材料調達・制作・演奏・販売に取り組み、「自分の気持ちのいい音」を追求している。
今回は大小4種のリュートを代わるがわる演奏する。

Official HP


天野花 Hana Amano

八丈島出身のシンガーソングライター フォーキーで生活感のある歌詞と、どこか切なげな耳なじみのいい歌声、野生的なギターが持ち味。どこまでも自由なMCと歌い出した瞬間の息をのむ表情のギャップが癖になると話題。
2018年キユーピードレッシングSALADA forever編歌唱。'19年には映画「lastlover」の主題歌を書き下ろしている。

Official HP



西山隆行 Takayuki Nishiyama

'07&'09年にTommy Emmanuel Japan Tourでオープニングアクトを務める。その彼よりナッシュビルで開催のChet Atkins Appreciate Societyのオファーを受け出演。オーディエンスからも高い評価を受け9年出場する。N.Y.マンハッタンの老舗ライブハウスThe Bitter Endでの演奏、台湾でライブも開催。ゆずの楽曲でアコースティックギターのアレンジやレコーディングを担当。北川悠仁(ゆず)のソロライブ「DRESS CODE」にサポートギターとして出演。SAVAREZやMaton Guitarsとエンドースメントを結ぶ。また、アコースティックギターマガジン、ウクレレマガジン等での執筆や採譜も多数。

Official HP



黄金の手 Ougonnote

激しく癒される?! 閉ざされた人々の殻を打ち砕き魂を揺り動かす「黄金の手」。夢なのか現実なのか、ボーカルのレイナの夢想的な詞の世界と、狂おしく切なげな歌声が一瞬にして辺りを「黄金の手」一色に染め上げる。民族&Rock、そして親しみやすいメロディーをベースに新しいテイストの音楽を目指している。
今回のライヴでは、アコースティック・スタイルでのパフォーマンスを繰り広げる。

Official HP


T.T.Cafe (中村たかし&かねだたつこ)

http://www.ttcafe.net/



中村たかし Takashi Nakamura

アロージャズオーケストラ・ギタリスト。ジャズ・ウクレレ奏者。日野皓正、北村英治、前田憲男、マルタ、小曽根真、阿川泰子、寺井尚子、押尾コータロー、ゴンチチなど多数共演。かねだたつことのジャズ・ウクレレデュオ「T.T.Cafe」ではハワイにて招待演奏をする。CDは現在までにボサノヴァやウクレレなど8枚をリリース。楽譜出版は教則本やアコーステック・ギター曲集、ウクレレ曲集「悲しすぎて気持ちいいウクレレ・ソロ」など22冊を出版。大阪芸術大学演奏学科教授という顔も持つ。

Official HP

かねだたつこ Tatsuko Kaneda

バンジョー、ウクレレ、ボーカル&ボサノヴァ・ギター奏者。女性では珍しいプレクトラム・バンジョー奏者で米国やオランダのジャズフェスティバルに出演するなど海外でも活躍。ギタリスト中村たかしとボサノヴァ・ギター・デュオ< T.T.Cafe>を結成。その後スウィングウクレレ・デュオとして活動を開始。毎年ハワイで開催されるウクレレ・フェスティバルに招待演奏者として出演。オリジナル曲も含む CD を多数リリース。楽譜著書は「ウクレレ・アンサンブル」「ウクレレ・ジャズ・アンサンブル」「ウクレレ・ジャカソロvol.1〜3」などがある。現在はバンジョーウクレレ・オーケストラの指導をするなど多方面で活躍中。

Official HP


松本勝大 Katsuhiro Matsumoto

1996年よりソウルコーラスグループのメンバーとしてプロ活動を開始。グループ脱退後の2000年からソロ活動を始め、'04年にフジパシフィック音楽出版より1stアルバム「NEW AGE UN SOUL」をメジャーリリース。その後もアルバムやシングルをリリースしながら年間130本以上のライブやツアーなどで全国を展開。'15年、8年ぶりのアルバム「人生はハッピーであるべきだ」のリリースを機に活動拠点を東京に移す。
シンプルながらも味わい深いメロディ、繊細さと大胆さを兼ね備えた唯一無二のヴォーカルをギター1本で表現するシンガーソングライター。

Official HP


浅利史花 & 若林萌



浅利史花 Fumika Asari

1993年生まれ。福島県出身。幼少期よりクラシックピアノを学ぶが、兄弟の影響でギターに興味を持ち、高校在学時より部活動でジャズギターを始める。その頃より福島市内にあるライブハウス『MINGUS』に通いジャズを本格的に聞くようになり、グラントグリーンやジムホール等に大きな影響を受ける。'12年、大学進学に伴い上京。在学時より演奏活動を始める。
ジャズギターの王道を行くスインギーなスタイルで、モダンジャズを中心に様々なジャズミュージシャンと都内のライブハウスで活動中。

Official Blog

若林萌 Moe Wakabayashi

1993年埼玉県さいたま市出身。東洋大学入学とともにジャズ研究会“軽音ジャズサニー”に入部、ジャズに出会うとともにギターに取り組み始める。特に正統派スウィングスタイルのギターに興味を持ち、Herb EllisやBarney Kesselのプレイングに感銘を受け今もなお敬愛する。
その後ジャズギターを佐津間純氏に師事。大学在学中から都内を中心にライブハウス等での演奏活動を始める。現在は関東を中心に自身のバンド等で精力的に活動している。

Official Blog


岡崎倫典 Rynten Okazaki

'54年生まれ。東京大学入学後ジャズに出会い、ジャズ研究会に所属しながらプロ活動を開始する。'09年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。これまでの共演者は、前田憲男(p)、大口純一郎(p)、池田芳夫(b)、納浩一(b)、向井滋春(tb)、竹内直(ts)、村上ポンタ秀一(ds)他多数。'11年に1stアルバム"FUZZ JAZZ"をリリース。'12年スペイン滞在を経て、昨年2ndアルバム"SOLITARY PHASE"を発表した。

Official HP


19日(日)

Kimo Hussey

ハワイ生まれ。南カリフォルニアのOccidental Collegeを卒業後、音楽教育に携わりたいとハワイに戻るが、ハワイ航空警備隊に入隊。2000年1月に退役し、念願の音楽活動を再開。ソロCD 「Eminent Ukulele」をリリースする他、幾つかのウクレレCDにも参加している。ハワイの歌集「He Mele Aloha」の著者。また、Sounding Joy Music社(臨床音楽療法専門の非営利団体)の委員長を務めた後、Pacific Music財団を創立している。現在もミュージシャン、インストラクターとして、世界中のウクレレフェスティバルやワークショップで活躍している。

Official YouTube


奏帆 Kanaho

1997年北海道生まれ。2009年よりギターを始め、'11年に初ライブ、'12年には岸部眞明、西村歩のOAを務める。演奏動画のアクセス数も多い。'14年International Finger-Style Guiter Festival (IFSGF) 台北コンサートにてOAで出演、'15年のIFSGF)ではJacques Stotzem、Justin Kingらと共演する。
'16年南澤大介氏プロデュースのアルバム「SOLO GUITAR CHRISTMAS TIME」に参加。'16〜'17年には3人の女性ギタリストによるALL FEMALE GUITAR NIGHTのアジアツアーに参加するなど、注目の若手アーティスト。

Official HP


橋村姫 Hime Hashimura

1997年千葉県生まれ。10歳から歌とギターを学び始め、15歳から活動を始める。日本工学院X avex主催『歌い人奏で人選手権2014』でグランプリ受賞。'15年に自主制作初音源・ミニアルバム『あなたへ』を発売。'17年TVアニメ『超・少年探偵団NEO』のED主題歌歌唱担当。'18年3月 昭和音楽大学短期大学部卒業、特別賞受賞。
「歌を作り、それを歌う。」感情的な歌を得意とするシンガーソングライター。

Official Twitter


岸部眞明 Masaaki Kishibe

1964年大阪府吹田市生まれ。'91年ライブ活動を京都、大阪で開始する。同時にギター教室もスタートさせる。'95年1stアルバム「TRUTH」、’99年2ndアルバム「GROWING UP」をリリース。ドイツACOUSTIC MUSIC RECORDSのオムニバスアルバム「MADA IN JAPAN」に参加。2002年3rdアルバム「Bloom」リリース。翌年には米国ウィンフィールドで開催されるウォルナッ トバレー・フェスティバルのフィンガーピッキング・コンテスト2位となる。'04年NHKドラマ「サンタが降りた滑走路」の音楽担当。'05年4thアルバム「Recollection」、翌'06年5thアルバム「奇跡の山」リリース。NHK制作の「奇跡の山・富士山」の音楽を担当。'08年カヴァーアルバム「My Favorites」、’09年7thアルバム「12 Stories」リリース。また、'10年には韓国でベスト盤「花 hana」リリース。'13年8thアルバム「Ways」をリリースしている。

Official HP


Karen & 露木達也


Karen

湘南エリアで育ち、海に似合う音楽を志す。'01年ボサノヴァの世界に感銘を受け、ボサノヴァ・ギター&ボーカルへ転向。'03年アルバム「Bossa do mar」でメジャーデビュー。2ndアルバム「Aruanda」では、ボサノヴァ創成期メンバーの一人である大御所カルロス・リラとのデュエットを収録し話題に。また、昨年11月には3枚目のアルバム「Lugar Comum」をリリースした。現在は関東を中心に精力的なLive活動をしており、ふんわりとした海のそよ風のような情緒あるボサノヴァ、天性のソフトボイスは聴く人の心を癒している。

Official HP

露木達也 Tatsuya Tsuyuki

湘南出身、在住のギタリスト。父親の宝物のArt Blakeyサイン入りの帽子やレコードコレクションから、ジャズやロックに興味を持ち高校からギターを始める。ボサノヴァやサンバ等、南米の歌心溢れるフィーリングをバックグラウンドとしながら、ジャズからロック、ヒップホップまで、ジャンルを問わずあらゆるセッションを重ねている。また、TVドラマ、CM、ゲーム音楽等のスタジオレコーディングにも多数参加。中州ジャズ、Bossa Aoyama、高槻ジャズストリートなど日本の主要なジャズ、ボサノヴァ音楽フェスに出演。
'14年初のソロアルバム “agora”をリリース。ボサノヴァスタンダードとオリジナルを中心に置いた作品で、温かみのある音色のギターに加えソフトなヴォイスの弾き語りが多方面から高い評価を得ている。

Official HP


いちむらまさき Masaki Ichimura

岐阜出身のギタリスト&ウクレリスト&教本ライター。『ウクレレ上達100の裏ワザ』『ウクレレ・ラブソング』『100個のフレーズを弾くだけで飛躍的にギターが上達する本』など発表しつつ、調布と橋本でウクレレ教室を開催。楽器の改造マニアとしても知られ、今年も合体型ウクレレ・ギターを持参するかも!?
今回のテーマは「みんなでリズム練習」。ウクレレはもちろん、すべての楽器演奏者に必要なリズムをレクチャーします。乞うご期待!

Official HP


関根彰良 & 佐津間純 with 藤野めぐみ


関根彰良 Akira Sekine

'78年生まれ。東京大学入学後ジャズに出会い、ジャズ研究会に所属しながらプロ活動を開始する。'09年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。これまでの共演者は、前田憲男(p)、大口純一郎(p)、池田芳夫(b)、納浩一(b)、向井滋春(tb)、竹内直(ts)、村上ポンタ秀一(ds)他多数。'11年に1stアルバム"FUZZ JAZZ"をリリース。'12年スペイン滞在を経て、昨年2ndアルバム"SOLITARY PHASE"を発表した。

Official HP


佐津間純 Jun Sakuma

1982年生まれ、鎌倉出身。13歳でギターを始め、土屋秀樹、道下和彦、岡安芳明に師事。洗足学園大学ジャズコース及びバークリー音楽大学卒業。大学卒業後プロのギタリストとしてのキャリアをスタートさせる。'12年 第20回日本プロ録音賞ベストパフォーマンス賞を受賞。'13年 デビューアルバム「JUMP FOR JOY」をリリース。現在、東京と神奈川を中心に全国で積極的な演奏活動を展開している。
ジャズギターの王道を行くプレイスタイルとその暖かく心地良いサウンドは老若男女問わず受け入れられ、現在の日本ジャズシーンにおいて最も注目されている正統派ジャズギタリストの一人である。

Official HP

藤野めぐみ Megumi Fujino

2015年にフルアルバム『Night Pieces』をリリース。生楽器と打込みによるサウンドの融合により独特な空間を創り上げ、既成概念に囚われない新しいジャズの形を表現。最近のライブでは独特な癒しの雰囲気を持つ弾語りのスタイルも取り入れている。また、音楽スクールで後進の指導にあたる傍ら、 チャリティーライブなどアウトリーチ活動にも力を入れている。

Official HP


名渡山遼 Ryo Natoyama

1993年生まれ。小学校6年の時にハワイ旅行のお土産のウクレレを弾き始め、今やウクレレシーンに新たな風を呼び起こす、日本の若手プレイヤーの中でもナンバーワンの呼び声高いウクレレプレイヤー。愛用のウクレレは全て自身の手作りで、ウクレレケース、ストラップも製作している。
2010年、ジェイク・シマブクロのジャパンツアーに出演。'15年発売の4thアルバム「UKULELE SPLASH!」、クリスマスアルバム「UKULELE Merry Christmas!」は、“ハワイのグラミー賞”と言われる「第39回ナ・ホク・ハノハノ・アワード」最優秀インターナショナル・アルバム部門にダブルノミネートされ、「UKULELE SPLASH!」が日本人としては最年少で受賞した。'16年7月「Made in Japan, To the World.」でメジャーデビュー。'18年7月には2ndアルバム「My Dear Ukulele」をリリースしている。

Official HP


キヨシ小林&ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン


キヨシ小林 Kiyoshi Kobayashi

日本を代表するウクレレマイスター。独自の発想と心で奏でる音色はジャンルを超えて多くの人々に広く愛されている。作曲家、教則本の執筆、ウクレレ講師としての顔も持ち、多方面に渡って活動中。「ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン」のプロデューサー&コンダクターとしても有名。ジャンルを超えた、音楽の目には見えない「やさしさと情熱」を目指している。

Official HP

ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン
Ukulele Orchestra Of Japan

アーティストとしてウクレレ講師として広く知られるキヨシ小林主宰によるウクレレだけのオーケストラ。今や日本を代表するほどに成長し、様々なイベントで演奏活動中。演奏曲はウクレレだけのアンサンブルを中心に、ジャズやポピュラーから、ハワイアンなどレパートリーの多さはウクレレの幅を超えている。アルバム「ウクレレジブリの森」に2曲参加。今回もTHGFスペシャルライヴの“トリ”を務める。

Official HP


ページトップへ