首都圏で唯一のハンドクラフトギター&ウクレレを中心とした弦楽器・関連パ−ツの祭典!!
TOKYOハンドクラフトギターフェス2020
2020年 5月30日(土) / 31日(日) すみだ産業会館8F(サンライズホール)/9F 東京都墨田区JR錦糸町駅前
出展者一覧
Exhibitor list
スペシャルライブ
Special Live
楽器挫折者救済セミナー
Q-sai seminar
ウクレレワークショップ
Ukulele Workshop
ウクレレ実践セミナー
Ukulele seminar

5月31日(日)の名渡山遼ライブは、混雑が予想されるため
13:00より整理券(枚数制限有り)を配布します。(配布場所:未定)
また、立ち見になる場合もございますのでご了承ください。

オープニングライブをご覧になりたいお客様は、
5月30日(土)は10時50分、5月31日(日)は9時50分に入場できます。

チケットぴあで前売券をお買い求めください。スムーズに入場できます。

スケジュール

5月30日 (土)
11:00〜11:30
THGF2020 & Cattle Guitar Presents
天野花
弾き語り

11:30〜12:00
THGF2020 & Birdland Presents
anzu
弾き語り
12:20〜12:50
THGF2020 & True Guitars Japan Presents
浅利史花
ジャズギター
13:10〜13:40
KUROSAWA & YOKOO & KOHNO Guitar Mfg Presents
松田弦
クラシックギター
14:05〜14:35
THGF2020 Presents
関根彰良 & 天辰直彦
フラメンコギター&フルート

14:35〜15:05
THGF2019 Presents
関根彰良& 藤野めぐみ
ジャズギター&ボーカル
15:30〜16:00
THGF2020 Presents
瀬知容子
弾き語り

16:00〜16:30
THGF2020 Presents
下田藤百史
フィンガースタイル
16:55〜17:25
THGF2020 & Sumi Kobo Presents
アコギGROOVE/石井完治 & 静沢真紀
アコギブルース

17:25〜18:00
THGF2020 & Sumi Kobo Presents
岡崎倫典
フィンガースタイル
5月31日 (日)
10:00〜10:30
THGF2020 & Resonance Guitars Presents
内藤コースケ
弾き語り

10:30〜11:00
THGF2020 & Resonance Guitars Presents
Yu-ki
弾き語り
11:25〜11:55
Acoustic Guitar World Presents
奏帆 & 橋村姫
フィンガースタイル&弾き語り
12:20〜12:50
Acoustic Guitar World Presents
矢後憲太 & まるやまたつや
フィンガースタイル
13:10〜13:40
THGF2020 Presents
いちむらまさき
コードセミナー
14:05〜14:45
Rolling Coconuts Presents
T.T.Cafe/中村たかし & かねだたつこ
ウクレレ・デュオ
15:10〜15:50
THGF2020 Presents
名渡山遼
ウクレレ
16:20〜17:00
Rolling Coconuts Presents
キヨシ小林&ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン
ウクレレ・オーケストラ
  • 敬称略
  • ライヴスケジュールは予告なく変更・中止となることがあります。
  • イベント会場に荷物を置くなどして長時間占有するような行為は他のお客様の迷惑になりますのでお止め下さい。

アーティスト・プロフィール
(出演順)

30日(土)

天野花 Hana Amano

2019年キユーピードレッシング60周年記念CM「SALADA FOREVER」歌唱。2020年mini album「甘い夢の終わり」にて全国CDデビューを果たす。
同年1月31日より映画「lastlover」の主題歌を書き下ろしし、ますます目を離せないルーキー!

Official HP


anzu

河合杏林のソロユニット。シンガーソングライター、バンド シグナルスプーンの活動を経て2016年末から 1人ユニットanzu(アンズ)として活動を開始。
CDジャケットのイラストを描いたり、ミュージックビデオの編集も自ら行う、DIY系シンガーソングライター。今年1月には3rd シングル「DingDang」を配信リリースした。

Official HP



浅利史花 Fumika Asari

1993年生まれ。福島県出身。幼少期よりクラシックピアノを学ぶが、兄弟の影響でギターに興味を持ち、高校在学時より部活動でジャズギターを始める。その頃より福島市内にあるライブハウス『MINGUS』に通いジャズを本格的に聞くようになり、グラントグリーンやジムホール等に大きな影響を受ける。'12年、大学進学に伴い上京。在学時より演奏活動を始める。
ジャズギターの王道を行くスインギーなスタイルで、モダンジャズを中心に様々なジャズミュージシャンと都内のライブハウスで活動中。

Official Blog



松田弦 Gen Matsuda

高知県出身。16才からクラシックギターを始める。2011年から2年間フランスのストラスブール音楽院に学んだ後、オーストリア、イタリア、スペインで研鑽を積む。
2009年第52回東京国際ギターコンクール第1位、2013年アントニー国際ギターコンクール(フランス)第1位(あわせて課題曲賞と聴衆賞を獲得)をはじめ、2000年~2013年の間に国内外8つのコンクールで第1位受賞。2009年「GENIUS」でソロCDデビュー。その後「弦想~Gen-Soul~」(2013年)、「esperanza」(2014年)、「Evergreen」(2017年)をリリースし、いずれも『レコード芸術』誌にて特選盤の評価を受けた。
近年ではタレガ・ギターカルテットのメンバーとしての活動、華道家、書道家など異ジャンルのアーティストとのコラボレーション、高知県下の小中学生を対象とした演奏会など、クラシックギターの魅力を伝えるため幅広い活動を行っている。

Official HP



関根彰良 Akira Sekine

'78年生まれ。東京大学入学後ジャズに出会い、ジャズ研究会に所属しながらプロ活動を開始する。
'09年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。これまでの共演者は、前田憲男(p)、大口純一郎(p)、池田芳夫(b)、納浩一(b)、向井滋春(tb)、竹内直(ts)、村上ポンタ秀一(ds)他多数。
'11年に1stアルバム"FUZZ JAZZ"をリリース。'12年スペイン滞在を経て、'13年に2ndアルバム「SOLITARY PHASE」、'15年に3rdアルバム「WET & DRY」を発表。そして今年の4月には4thアルバムとなる「Solitary Moments」をリリースした。

Official HP



天辰直彦 Naohiko Amatatu

宮崎県出身。11歳よりフルートを始める。尚美学園大学、同大学院を修了。フルートを野勢善樹、唐見啓子、菅原潤、室内楽を故浜中浩一各氏に師事。故ヴォルフガング・シュルツ、サラ・ルヴィオン、クロード・ルフェーブル、ソフィー・シェリエ各氏のマスタークラスを受講。'12年 第39回フルートデビューリサイタルに出演。'13年 第19回宮日音楽コンクールにて優秀賞を受賞。
同年、フラメンコショーに急遽出演したのをきっかけに、都内近郊でタブラオ、イベントなどに出演するようになり、音楽活動をスタート。'14年にピアニスト岸淑香とフルートとピアノによるフラメンコジャズユニット「アマケット」を結成。他にもジャズ中心のリーダーバンド「天辰直彦 Quartet」など、クラシック、ジャズ、ラテン、ブラジリアンなど、様々なジャンルでライブ活動やレコーディングに参加し、自由に活動している。

Official Blog



藤野めぐみ Megumi Fujino

2015年にフルアルバム『Night Pieces』をリリース。生楽器と打込みによるサウンドの融合により独特な空間を創り上げ、既成概念に囚われない新しいジャズの形を表現。
最近のライブでは独特な癒しの雰囲気を持つ弾語りのスタイルも取り入れている。また、音楽スクールで後進の指導にあたる傍ら、 チャリティーライブなどアウトリーチ活動にも力を入れている。

Official HP



瀬知容子 Yoko Sechi

1981年生まれの八戸出身の歌手。現在は神奈川県茅ヶ崎市を拠点に活動する一児の母。
八戸においてオリジナルバンドfree sound orchestraを結成。2017年1st「赤いコートの女Ⅳ」(freedom hill record’s )をリリース。またジャズバンド瀬知容子&Libertyで10年以上ジャズを歌い、南郷JAZZフェスティバルでデイビッド・マシューズ、類家心平などと共演を果たす。
ウィスパーヴォイスから、力強いソウルフルな歌声、鳥獣の声や、水の声、など『七色の声』を持つと言われており、今回は下田藤百史氏に師事したギターを弾き語り、シンプルなギターと声との調和が独特な雰囲気を作り出す。



下田藤百史 Tomofumi Shimoda

1994年生まれ和歌山出身。14歳でギターを始め、独学でソロギターの特殊奏法を学ぶ。メキシコやシアトルに留学、上海で武者修行の期間を経て、2018年アメリカ・インディアナ州、カンザス州の二ヶ所で行われたソロギターの大会では3位入賞、top5入賞を果たす。
時には甘く透明感のある優しい音色を奏で、ベース弦を用いたギターに持ち替えれば、心の底を深く抉る様な低音が木魂する、他に類を見ない独特の世界を演出する。オリジナル曲にはそれぞれ実体験に基づくストーリーがあり、繊細で深い音の流れは、これまでの藤百史の生い立ちや、彼自身のキャラクターを反映している。
ギター一本で曲を奏でるソロギターの世界を広め、国境を越え、感動を届けるギタリストを目指し活動中。

Official HP


アコギGroove(石井完治 & 静沢真紀)




石井完治 Kanji Ishii

ブラックミュージックをルーツとしたファンキーなカッティングと繊細な感性からなる極上のサウンドメイキングで数多くのアーティストツアー、レコーディングに参加。'95年頃から再びアコースティック志向を強めフラメンコ、スラップ等のテクニカルなリズムを盛り込んだ自由でアグレッシブなプレイと軽妙なトークで幅広いファン層を獲得し、年間150本以上のライブ活動も精力的にこなしている。静沢真紀とのギターDUOユニット<アコギGroove>として、'11年に 1stアルバム「グッドフェローズ」、 '15年に2ndアルバム「アミーゴ」をリリースしている。

Official HP

静沢真紀 Maki Shizusawa

11才から独学でギターを弾き始める。京都を拠点としてバンド活動を続けるうち、ブルースに目覚め塩次伸二氏に師事。'97年から女性ブルースユニット<STORMY>のギタリストとしてアルバム発表、音楽番組『ROOTS』を始めTV出演も多数。現在は<FRIDGE>、<ゴトウユウゾウSHOW>等のバンド活動の他、石井完治とのアコギDUO<アコギGroove>やギター講師活動、カメリヤマキの芸名で『JAPAN BLUES CARNIVAL』の司会アシスタント等で幅広く活動している。



岡崎倫典 Rynten Okazaki

954年生まれ、広島市出身。立教大学在学中21歳でプロとしてスタート。杉田二郎、鈴木康博、加山雄三、谷山浩子、尾崎豊、松田聖子、ふきのとう、玉置浩二などのステージやスタジオに参加。
'90年初のオリジナルアルバム『Bayside Resort』を発売。以後'10年までに13枚のソロアルバムや写真家とのコラボ等もリリース。海外においてもツアーを開催、特に韓国ではCDもリリースされる。TVドラマやTV-CF音楽、教則物の出版、ギター教室の主宰、インターネットによるレッスンの配信等、活躍の場は広い。ラジオ番組「岡崎倫典のAcoustic Wind」は東京中央エフエムをキーステーションに全国15局ネットでO.A.中。

Official HP

31日(日)

内藤コースケ Kosuke Naito

愛知県名古屋市を拠点にロック、フォークをルーツとしたバンド及び弾き語りライブを精力的に展開。自身のバンドHinukamublow(ヒヌカムブロウ)では、中部圏のみならず、関西、関東でのライブイベントに参加するなど、近年活動範囲を広げている。
貫通力のあるRockサウンドから滲んだLaidbackサウンドまでを身にまとい、スモーキーボイスが火傷しそうなほど熱い生き様を叫ぶ。

Official HP


Yu-ki

幼少の頃から洋楽も邦楽も好きと思うものにのめり込み、ロック、ブルース、R&B、ソウル、ポップス等、様々なジャンルの曲をルーツとし、6年前からギターを始め、同時にオリジナルも書き始める。1stシングルは完売、2nd マキシシングルCDを発売中。
現在、岐阜県を拠点に叙情音楽家として弾き語り及びユニット、バンドライブを精力的に行っている。

Official HP


奏帆 Kanaho

1997年北海道生まれ。2009年よりギターを始め、'11年に初ライブ、'12年に岸部眞明、西村歩、'13年に小松原俊、打田十紀夫、下山亮平ら、そして'14年にはInternational Finger-Style Guiter Festival (IFSGF) 台北コンサート(出演:押尾コータロー・Trace Bundy・Petteri Sariola)にてOAを務める。
'15年International Finger-Style Guiter Festival (IFSGF) でJacques Stotzem、Justin Kingらと共演。'16年南澤大介氏プロデュースのアルバム「SOLO GUITAR CHRISTMAS TIME」に参加。'16年,'17年3人の女性ギタリストによるALL FEMALE GUITAR NIGHTのアジアツアーにも参加した。演奏動画のアクセス数も多い。

Official HP


橋村姫 Hime Hashimura

1997年千葉県生まれ。感情的な歌を得意とする。
10歳からヴォーカルとギターを学び始め、15歳からシンガーソングライターとしての活動を始める。17歳の時にオリジナルミニアルバムを発売し、19歳でTVアニメEDテーマ歌唱を担当。歌の大会などで数々の賞を受賞。昨年5月には2ndアルバム『H2O』発売し、12月にはすみだトリフォニーホール小ホールにて1stワンマンコンサートStart Starを成功させる。人の心を動かせるシンガーを目指して都内を中心に精力的にライブ活動を続けている。

Official HP


矢後憲太 Kenta Yago

フィンガースタイル・ギタリスト。埼玉県在住。多彩な奏法を駆使し、様々な情景、感情、物語などをアコースティックギター1本でありありと表現。色彩感溢れるその豊かな音色はダイナミック且つ繊細。聴く者を色とりどりの世界へ誘う。
全国規模ギターコンテストでは多数の賞を受賞。2014年には自身初のアルバムをリリースし、デビュー。ライブ・コンサートに加え、楽曲の制作・編曲提供やレッスンまで、幅広く活動を展開する。

Official HP


まるやまたつや Tatsuya Marumaya

1993年生まれ、北海道札幌市出身、千葉県在住のギタリスト・おんがくか。13歳からギターを始め、14歳からYouTubeへの動画投稿をきっかけに音楽活動を開始。現在(2019年時点)、YouTubeの動画総再生回数は400万回、Spotifyでの総再生数は100万回を突破。また、海外を中心にInstagramが話題となり、フォロワーは4万人を超える。
「メロディアスで日常に溶け込む音楽」をコンセプトに、ギター1本で楽曲を奏でる「ソロギター」と、エレクトロニカの制作を中心に活動中。近年ではラジオ番組や舞台、映像作品などへの楽曲提供・制作など活動の幅を広げている。

Official HP


いちむらまさき Masaki Ichimura

岐阜出身のギタリスト&ウクレリスト&教本ライター。『ウクレレ上達100の裏ワザ』『ウクレレ・ラブソング』『100個のフレーズを弾くだけで飛躍的にギターが上達する本』など発表しつつ、調布と橋本でウクレレ教室を開催。楽器の改造マニアとしても知られ、今年も合体型ウクレレ・ギターを持参するかも!?
今回のテーマは「コードセミナー」。巧みな話術で難解な内容を笑いを交えて楽しく簡単にお伝えします。

Official YouTube


T.T.Cafe (中村たかし&かねだたつこ)

http://www.ttcafe.net/



中村たかし Takashi Nakamura

アロージャズオーケストラ・ギタリスト。ジャズ・ウクレレ奏者。日野皓正、北村英治、前田憲男、マルタ、小曽根真、阿川泰子、寺井尚子、押尾コータロー、ゴンチチなど多数共演。かねだたつことのジャズ・ウクレレデュオ「T.T.Cafe」ではハワイにて招待演奏をする。CDは現在までにボサノヴァやウクレレなど8枚をリリース。楽譜出版は教則本やアコーステック・ギター曲集、ウクレレ曲集「悲しすぎて気持ちいいウクレレ・ソロ」など25冊を出版。大阪芸術大学演奏学科教授という顔も持つ。

Official HP

かねだたつこ Tatsuko Kaneda

バンジョー、ウクレレ、ボーカル&ボサノバ・ギター奏者。女性では珍しいプレクトラム・バンジョー奏者で米国やオランダのジャズフェスティバルに出演するなど海外でも活躍。ギタリスト中村たかしとボサノバ・ギター・デュオ< T.T.Cafe>を結成。その後スウィングウクレレ・デュオとして活動を開始。毎年ハワイで開催されるウクレレ・フェスティバルに招待演奏者として出演。オリジナル曲も含むCDを多数リリース。楽譜著書は「ウクレレ・アンサンブル」「ウクレレ・ジャズ・アンサンブル」「ウクレレ・ジャカソロvol.1〜3」などがある。現在はバンジョーウクレレ・オーケストラの指導をするなど多方面で活躍中。


名渡山遼 Ryo Natoyama

1993年生まれ。小学校6年の時にハワイ旅行のお土産のウクレレを弾き始め、今やウクレレシーンに新たな風を呼び起こす、日本の若手プレイヤーの中でもナンバーワンの呼び声高いウクレレプレイヤー。中学1年生からウクレレ作りを始め、愛用のウクレレは全て自身の手作り。ウクレレケース、ストラップも製作している。
2010年、ジェイク・シマブクロのジャパンツアーに出演。'15年発売の4thアルバム「UKULELE SPLASH!」、クリスマスアルバム「UKULELE Merry Christmas!」は、“ハワイのグラミー賞”と言われる「第39回ナ・ホク・ハノハノ・アワード」最優秀インターナショナル・アルバム部門にダブルノミネートされ、「UKULELE SPLASH!」が日本人としては最年少で受賞した。'16年7月「Made in Japan, To the World.」でメジャーデビュー。'17年、自身初となるフジロックフェスティバルにも出演を果たす。また、海外からも注目を浴び、これまでにアメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリア、香港、タイ、台湾、中国、カナダでの公演を果たし、そのプレイが絶賛された。
世界に一つだけのウクレレで超絶な演奏テクニック、癒しのプレイを自在に奏でる。唯一無二の音色を生む、天才ウクレレプレイヤー。

Official HP


キヨシ小林&ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン


キヨシ小林 Kiyoshi Kobayashi

日本を代表するウクレレマイスター。独自の発想と心で奏でる音色はジャンルを超えて多くの人々に広く愛されている。作曲家、教則本の執筆、ウクレレ講師としての顔も持ち、多方面に渡って活動中。「ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン」のプロデューサー&コンダクターとしても有名。ジャンルを超えた、音楽の目には見えない「やさしさと情熱」を目指している。

Official HP

ウクレレ・オーケストラ・オブ・ジャパン
Ukulele Orchestra Of Japan

アーティストとしてウクレレ講師として広く知られるキヨシ小林主宰によるウクレレだけのオーケストラ。今や日本を代表するほどに成長し、様々なイベントで演奏活動中。演奏曲はウクレレだけのアンサンブルを中心に、ジャズやポピュラーから、ハワイアンなどレパートリーの多さはウクレレの幅を超えている。アルバム「ウクレレジブリの森」に2曲参加。今回もTHGFスペシャルライヴの“トリ”を務める。

Official HP


ページトップへ